今際の国のアリス最終巻18巻のあらすじやネタバレ公開!感想あり(後半)

今際の国のアリス
スポンサーリンク

07b9b6d4-c7d3-4eca-bf8b-9b4bb93f35df

スポンサーリンク

今際の国のアリスてどういう漫画なの?

今際の国のアリスとは週刊少年サンデーで連載されていた漫画で、作者は麻生羽呂さんです。
最終巻である18巻は2016年4月18日に発売されました。

今回は先日発売されたばかりの今際の国のアリス18巻を前半・後半にわけてあらすじとネタバレについて書いていきます!!

今回は今際の国のアリス18巻の後半のあらすじネタバレを書いていきます。

以下ネタバレあり

スポンサーリンク

17巻までのあらすじ

「今際の国」では、アリス、チシャ、ニラギの因縁に決着がつこうとしたその時、「♠K」の飛行船が落ち、残るは「♡Q」のみとなる。
「今際の国」の真実を知るため、再び戦う覚悟を決意したアリスは、ウサギと共に「♡Q」の会場へ。
「げぇむ」「くろっけぇ」。「とちゅうきけん」せずに、試合を最後までやり終えるだけで「くりあ」なのだが…
「今際の国」とは何なのかと問うアリスに、変幻自在の虚言を繰り返す「♡Q」ミラ。いらだつアリスは、しだいに平常心を奪われてしまい…
果たして、アリスは「げぇむくりあ」できるのか?
「今際の国」の真実が、ついに明かされる…!!

スポンサーリンク

今際の国のアリス第18巻 63話:じょおかあ あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

アリスは精神が長く暗いトンネルを抜け出したように、正気を取り戻した。

まだ薬の影響でフワフワする意識をコントロールし、ミラに「げぇむ」を終わらせることを提案する。

ミラはアリスに「わたしが吐いたウソは、答えに関してだけよ。」

「アリス、人生はゲームよ。楽しみなさい。」という言葉を残した。

残りの「くろっけぇ」3セット目は大した話もせずに進んでいき、アリスは見事「げぇむくりあ」することができた。

e8975823-e5d9-498a-b7c2-9ad1d820b991

盛大な花火と共にアリス達の帰りを待つみんなのもとにすべての「げぇむ」が「くりあ」されたことを告げる放送がなった。

その放送では「くりあ」できたことだけでなく、今際の国の永住権を取得するか、放棄するか選択が与えられる、という内容も含まれていた。

ほとんどの「ぷれいやぁ」は「永住権を手にしない」と宣言していたが、磐田素那斗と矢場旺希の二人だけが永住権を手にした。

アリスは今までの「げぇむ」を振り返り、一人で勝てたものはない。ウサギには一生感謝し続けても足りないと、ウサギに感謝しつつ永住権を手にしないと宣言した。

アリスは光に包まれ現実世界に戻ってきた。

82f6ff4f-1b10-493d-b12b-2465d76110ad

目を覚ましたアリスが見た光景は崩壊した街だった。

今際の国のアリス第18巻 63話:じょおかあ 管理者の感想

今際の国に残ると選択した二人は現実世界ではどうなってしまっているのかが気になる。

今際の国のアリス第18巻 64話:きこくみっかめ あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

アリスが「今際の国」に入国するときに見た花火は実は、巨大隕石の落下だったのである。

目を覚ましたアリスは病院のベッドで弟と話をしながら、ニュースで街に何があったのかを理解した。

病院には今際の国でアリスと共に戦い、生き残った「ぷれいやぁ」がいた。

「ぷれいやぁ」は「今際の国」での記憶はないが、そこで深くかかわっていた者同士がなにか絆のようなものでひかれあっているかのように再開を果たしていく。

アリスは主治医との会話で、サバイバーズ・ギルト(生き残った罪悪感)についての話をされるが、「俺は大丈夫です。うまく言えないけど、とにかく俺は…それでも生きていきます。」と前を向いて言った。

アリスは先生との会話が終わり、自販機でジュースを買った。

そこでアリスはウサギと再会する。二人はお互いのことを憶えていないが、これから二人は一から関係を築いていくことになる。

e2b51e0a-a7e3-4927-bb49-eeaea983f68a

今際の国のアリス第18巻 64話:きこくみっかめ 管理者の感想

「今際の国」にいた人はみんな心肺停止で一度生死を彷徨ったものたちだった。「今際の国」とはまさに言葉の通りだった。

今際の国のアリス第18巻 65話:きこくななひゃくさんじゅういちにちめ あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

物語は2年後、ニュースのリポーターが町の人達にインタビューしているところから始まる。

「あなたはなぜ生きていると思いますか?」

人々は各々思ったことを口にしていく。

リポーターは最後にある男性にインタビューする。

その男性の言葉は「俺は…」と途切れており、何を言ったのかわからなった。

その男性は臨床心理士を目指す学生で、最後のシーンでは山登りが好きな彼女と楽しそうに電話していた。

168fbdc2-bc62-473c-8a0f-4083cf78e244

今際の国のアリス第18巻 64話:きこくななひゃくさんじゅういちにちめ 管理者の感想

やりたいことも見つけられなかったアリスが「今際の国」で自分を見つめなおすことができ、いまでは目標に向かって歩いている。

引用画像

今際の国のアリス:第63話15/30p、第64話36p、第65話26p:小学館