座敷女(漫画)を無料立ち読みする!結末ネタバレと感想も!

敷女(漫画)を無料立ち読みする ホラー・グロ系

座敷女を無料で試し読みする方法や
結末のネタバレと感想を
紹介していきます。

座敷女で登場する女が
とにかく気持ちが悪いですね^^;

最初に出会う
アパートでのシーンも
なかなか不気味です。

ネタバレより
先に無料で試し読みができるので
読んでみてください。

なかなかゾッとしますよ。。。

さらに座敷女は
1巻完結なので
読みやすい漫画となっています。

では、座敷女の
結末ネタバレをまとめていきます。

座敷女を
先に読んでおきたい!という方は
ebookjapan(イーブックジャパン)で無料で試し読みができます。

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『座敷女』を今すぐ読む

(33ページ試し読みすることができます^^)

座敷女のあらすじネタバレ!

敷女(漫画)を無料立ち読みする

ここから座敷女の
あらすじネタバレに入ります。

もし無料で読めるとこまで読みたい方は
先に読んでおいてください^^

座敷女の冒頭あらすじネタバレ

大学生の森ヒロシは
夜中にアパートの隣の山本の部屋に
誰かが訪ねてくることに気づき
ドアを開けた。

隣の部屋の前に立つのは
コートを着た大きくて
不気味な女。

服や靴が汚れているし
髪も長くかなり気味が悪い。

不気味な女は
ヒロシと山本が同じ大学ということを聞くと
山本の部屋をノックし始めた。

トントントントン

変な女だと思い
ヒロシは布団に入る。

次の日の夜も
山本の部屋に女が立っていた。

不気味な女は
部屋に山本がいるから確認してくれと言う。

しかし部屋からは
何も反応がない。

不気味な女は
電話を貸してくれと言う。

よくみると、
マニキュアは剥がれているし
ストッキングも伝線している。

見た目には気を使わない
女のようだ。

次の日の深夜、
サチコという女性から電話が来た。

あの不気味な女だった。

部屋にポーチを
忘れてしまったらしい。

ポーチがあることを確認すると
電話は切れた。

そして次に隣の部屋の電話がなった。

次の日、

大学でバイト先のコンビニで
高校生のルミを見つけた。

ミルに告白しようとするヒロシに
大学の事務局から呼び出しが来る。

なんとも悪いタイミングだ。

大学側に
名前の要件も伝えず
ヒロシにしつこく電話がかかっているようだ。

電話の相手は
あの不気味な女だった。

今すぐに忘れたポーチを
返してくれという
電話だったのだ。

ヒロシはルミを待たせていたので
家に帰らなかった、

その代わりに
部屋の鍵の隠し場所を伝えて
勝手にポーチを持って行ってもらうことに。

ルミとデートを楽しんだヒロシは
帰宅した。

部屋に戻ると
壁に手紙が貼っていた。

小さな字で書かれた手紙を読んでみると
お礼の手紙だった。

テーブルには消しカスも一緒に残っており
ゴミ箱の中には丸めた便箋があった。

そこには少女漫画のキャラのような絵や
目が沢山ある怪物の絵があった。

かなり気持ち悪い。

さらに床には
剥がれたマニキュアが落ちていた。

座敷女の結末あらすじネタバレ!

アパートが全焼した。
そこに若い男性が立っている。

主婦たちの声がの噂話が聞こえ、

「痴情のもつれだって。」
「でね、逃げるときに怪我をした学生が病院で女にヘンな注射をうたれて3日3晩苦しんで・・・」

学生が女に注射を打たれ
苦しんでいた。

若い男性は
大学で佐竹にヒロシの話を聞こうとするが
聞けなかった。

公園のベンチで一人座って
考え事をしていた。

誰も本当のことを話してくれない
誰も本当のことを知らないのか?

若い男性の向かいのベンチに
不気味な女が座っていた。

「・・・どこに隠れていたの?」
「山本君?」

山本は回想していたのだ。

夜中に隣の部屋に女が訪ねてきて
ドアを開けただけなのに。

最後は四つん這いになったサチコが
街の中をクモのように歩いて移動し、
どこかの家のチャイムを鳴らして終わりです。

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『座敷女』を今すぐ読む

(33ページ試し読みすることができます^^)

座敷女の感想

私が座敷女を読んでみて
サチコって何者!?!?って
思いました。

走り方も
かなり不気味ですし
最後はクモのように歩いていきます。

しかも不死身という
よくわからないキャラになっています。

生霊なんて意見もあるようですが、
確かに懐中電灯で殴っても
平気な感じでしたよね。

でも、サチコの腕に
リストカットの痕があったので
もしかしたら
そのくらいの痛みは全然平気という
意味が込められていて
自分はもっと想像もつかないくらいの
痛みを味わってきたという
意味が込められているのだと思いました。

そのくらい狂気に満ちたサチコいるから
座敷女は読んでいて怖いのだと思います。

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『座敷女』を今すぐ読む

(33ページ試し読みすることができます^^)