私たちには壁がある1巻のあらすじネタバレ!無料立ち読みする方法紹介!

私たちには壁がある1巻のあらすじネタバレ 私たちには壁がある
スポンサーリンク

菊池怜太と桜井真琴は家が隣同士で
しかも幼馴染。

菊池怜太に告白されても
動じない桜井真琴。

女の子にモテモテの菊池怜太だが
ナルシストで俺様のドS。

少し残念なイケメンが幼馴染に断られたが
これから先、恋愛関係に
発展するのでしょうか!?

幼馴染でという心地の良い関係性を
壊したくないという気持ちから
恋愛に発展するのかどうかが
面白い!

これから先は
『私たちには壁がある1巻』
ネタバレがありますので、
先に漫画を読んでおきたい方は
無料でチェックしてみてください!

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『私たちには壁がある。』1巻を今すぐ読む

(13ページ試し読みすることができます^^)

私たちには壁がある1巻のあらすじネタバレ!

私たちには壁がある1巻のスタートは
菊池怜太が桜井真琴に告白をするシーンからです。

しかも車が通っている
道のど真ん中で
俺様の怜太が上から目線で告白。

いきなりドキドキしますよね^^

怜太と真琴は家が隣同士で
小さい頃からの幼馴染です。

怜太の性格は少し残念で
ナルシストで俺様のイケメン。

花男の道明寺みたいな感じですかね。

そんな怜太の告白を
真琴は完全にスルーし
普段の生活を送ります。

怜太的には
真琴から断られるとは
微塵も思っていなかったようです。

「俺の何が不満なの?」

壁ドンして真琴に迫る怜太。

「他の男に負けてるとこ
 何かある?」

ここでも俺様の性格が
出る怜太ですが、

「それ、自分で恥ずかしくない?」

真琴が言い返します。

真琴は怜太のことが
全く興味がない感じですね。

「一生彼氏できないかもだけどな」

怜太が真琴に言い返します。

真琴も強気な性格なので
合コンで彼氏を作る宣言をします。

そして大学生との合コンに参加し
彼氏候補の男性がでできますが
少し席を外した真琴を追いかけ
キスをしようと迫ります。

ここで怜太登場!

いきなりキスされそうになった真琴を
怜太が危機一髪で助けます。

真琴は怜太に素直に謝ります。

次の日学校に行ってみると
真琴に彼氏ができたとの噂が。。。

合コンで失敗したことを
バレたくない真琴は
怜太を仮の彼氏にするが・・・?

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『私たちには壁がある。』1巻を今すぐ読む

(13ページ試し読みすることができます^^)

私たちには壁がある1巻のその後の展開は?

合コンの件で
真琴は怜太を仮の彼氏にします。

そこで怜太は真琴を
動物園デートに連れて行きますが
うまくいかず。

その後も怜太は真琴に迫りますが
相手にされません。

実は真琴は怜太が自分のことを
好きだとは思っていなかったのです。

性格的にそう思ってしまうのも
わかりますが^^;

怜太の真琴を思う気持ちが
わかったのは怜太の親友である
祐介の存在です。

些細なことで真琴は祐介と
同じ場所にいました。

怜太は二人が一緒にいることを知り
駆けつけます。

ヤキモチマックスですね。

怜太は素直に真琴のことを
好きと言えず
喧嘩腰な物言いしかできません。

喧嘩を通じて
怜太の気持ちを知った真琴ですが
「幼馴染として好き」ということを伝えます。

真琴は小さい頃に両親が離婚して
大事なものが壊れてしまう恐怖を感じていたのです。

真琴は怜太のことを
何も思っていないわけではなく
好きだから関係性を維持しているんですね。

怜太の親友の祐介は
真琴の相談にのっているうちに
好きになっていきます。

祐介が好き好きアピールをすると
真琴はドキドキしていまいます。

もちろん怜太も違う意味で
ドキドキ。。。

大嫉妬ですね。

過去に真琴と祐介が
不意にキスしてしまったことを
知りショックを受ける怜太。

そのことを怜太に謝る真琴。

ここでようやく
怜太のことが好きだと実感する真琴。

怜太はキスしたことを知らされショックを受け
祐介に敵わないと思ってしまいますが
拡声器で真琴に愛を叫びます。

祐介も真琴に告白しますが
怜太の本当の気持ちを知ったことで
断り怜太の元へ。

怜太の気持ちが真琴に伝わり
幼馴染時代とは少し違う
関係性になっていきます。

真琴は今まで彼氏がいなかったので
怜太が頑張りますが

「いつまで我慢すればいい?」

と、少し怪しい方向へ。。。

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『私たちには壁がある。』1巻を今すぐ読む

(13ページ試し読みすることができます^^)

私たちには壁がある。1巻の感想は?

怜太の親友である祐介が
恋敵になってしまいましたね。

二人の性格が全然違うので
読んでいて面白いです。

それに対して真琴が
どんな風に言葉を返すのか?とか
今後関係性はどうなるのだろう?とか
気になることが多いですね。

1巻の最初の方の怜太は
ナルシストで俺様の
残念イケメンに見えましたが
真琴が合コンで
キスされそうになった辺りから
成長していく姿がみられます。

子供っぽいですし
恋愛に不器用だから
怜太はあんな感じの性格なんですね^^

私的に私たちには壁がある。の面白さは
恋愛もそうなのですが、
登場人物の成長が
結構面白いな〜と思いました。

1巻の段階で
怜太と真琴はかなり成長しています。

今後どうなるのか
かなり楽しみですね♪

あと、幼馴染の恋愛というのが
普通の恋愛漫画じゃない面白さがありますね。

私たちには壁がある。は
無料立ち読みすることができますし
スマホやパソコンでも読むことができます。

ebookjapan(イーブックジャパン)は今すぐに好きな漫画を読むことができます。

『私たちには壁がある。』1巻を今すぐ読む

(13ページ試し読みすることができます^^)