ダーウィンズゲーム9巻第34話あらすじとネタバレ公開!感想・考察あり

ダーウィンズゲーム
スポンサーリンク

ダーウィンズゲームってどんな漫画なの?

ダーウィンズゲームとは週刊少年チャンピオンで連載されている、FLIPFLOPsさんの作品です。

主人公のスドウカナメは謎のスマホアプリ「ダーウィンズゲーム」を起動させてしまう。

この現実世界とリンクしているソーシャルゲームによりカナメの平穏な生活は壊れてしまう。

カナメはこの生死を懸けたソーシャルゲームを生き抜くことができるのか!?

以下ネタバレあり

ダーウィンズゲーム9巻 第34話:game#33  あらすじとネタバレ

CIAの日本支部が襲撃された件で学者であるアンダーソンは日本を訪れた。

空港に着くとケルベロス兄弟がアンダーソンを出迎えていた。

一方シーミンはCIAと取引をしようと接触を試みるが、何者かのCIA襲撃によって接触できない状態にあった。

シーミンは電話の相手である執事にカナメの仕上がり具合を確認する。

執事は「あれほどの素材に出会わせていただけるとは、恥ずかしながら老骨が滾ります。」と不敵な笑みを浮かべていた。

そのころカナメはオオサカエリアのクラン「西郷組」のリーダーである、サイゴウタケシと条約を結ぼうとしていた。

「相互不可侵の協力関係を結びたい。」というカナメの提案にサイゴウは「舐めすぎだ。」とカナメに攻撃を仕掛ける。

しかしカナメは敵の虚を突き反撃する。

カナメは一瞬のうちにサイゴウを取り押さえ人質とした。

サイゴウはカナメに人を殺す度胸はないと高を括るが、首にナイフを押し当てられ「お前俺がそんな簡単なこともできないように見えるか?」と言われ恐怖する。

unnamed

このままではカナメに殺されると思ったサイゴウは「降参だ。おまえらチャカとヤッパ早くしまえ。」と仲間に命令する。

サイゴウはカナメの要求を聞く。

「サンセットレーベンズの目的はゲームクリアだ。お前たちと争う理由はない。」と言う。

サイゴウは「そもそもこのゲームにクリアがあるかもわからないんだぞ。」とカナメに言う。

しかしカナメは直接ゲームマスターと話をしたことで、ゲームクリアの条件の予想ができていた。

数日前にサンセットレーベンズのみんなでボードゲームをしているときにゲームクリアについての話になり、クリアの鍵となるのは「クラスA1」出現ではないかとレインは語った。

unnamed (1)

西郷組を後にしたカナメは、同盟交渉があまりうまくいかなかったことに対し少し落ち込んでいた。

そこに一通のメールが届く。

内容はDゲームの新イベントに関する情報だった。

イベントは「ハンティングゲーム」

カナメは高揚するが、イベント開始時刻を見て焦る。

なんとイベント開始時間は30秒後だった。

unnamed (2)

執事はすぐに車を止めトランクから荷物を取り出す。

何かあったときのためにと常備しておいたサバイバルセットをカナメに渡し「狩りで重要なのは観察力。五感を研ぎ澄ますのです。」という言葉をかける。

カナメがイベントで転送された先はなんと密林だった。

unnamed (3)

ダーウィンズゲーム9巻 第33話:game#34 管理者の感想と考察

カナメが転送された先で行われるイベントはどのような内容なのか気になる。

ダーウィンズゲーム9巻34話:19p、29p、40p、44p:秋田書店

ダーウィンズゲーム9巻を今すぐ読めます!

スクリーンショット 2016-03-09 1.10.53