今際の国のアリス16巻52話、53話、54話のあらすじやネタバレ公開!感想・考察あり

今際の国のアリス
スポンサーリンク

今際の国のアリスてどういう漫画なの?

今際の国のアリスとは週刊少年サンデーで連載されていた漫画で、作者は麻生羽呂さんです。

今回は今際の国のアリス16巻を前半・後半にわけてあらすじとネタバレについて書いていきます!!

15巻までのあらすじ

「げぇむ」に勝たなければ生き残れない「今際の国」で、ついにアリスは「げぇむ」を放棄する。

「今際の国」に迷い込んだ亀山海斗は、ビデオカメラ片手に「今際の国」の真実を探っていた。とある場所で出会った男に「答え」を知る者を紹介されるが、そこへ、あの「♠K」が銃撃と共に現れて…

別の「げぇむ」会場では「びじんとうひょう」が開催中。「♦K」を入れた5名で始まったこの「げぇむ」も残り二名。「ぷれいやぁ」屈指の知能を誇るチシヤと「♦K」のクズリューの一騎打ちとなる。

頭脳戦の最高峰、この「げぇむ」を生き残るのは果たして…!?

今際の国のアリス第16巻 第52話:いまわのくにのこくみん あらすじとネタバレ

アリス達現プレイヤーが「今際の国」に訪れる5か月前のこと。

キューマ(現♣K」は「げぇむ:♠3・てえまぱあく」に挑んでいた。

キューマは危うげな場面もあったが、仲間とともに「げぇむ」をクリアすることができた。

「今際の国」滞在二日目。キューマが朝ランニングをしていると公園でラジオ体操をしているシーラビ(現♠K)に遭遇する。

そこにはクズリュー(現♦K)とミラ(現♡Q)の姿もあった。

四人は来る日も来る日も公園に集い、交流を深めていく。

滞在15日目、キューマとシーラビはいつものようにラジオ体操をしている。

そこでキューマは昨日は初めて「げぇむ」で人を殺した、と告げた。

キューマはそこで「死は恐れれるものでも、目をそらすものでも、ゴールでもない。生きてる人間の命を滾らせ、輝かせ、漲らせ燃え上がらせるものだ。」と語った。

滞在85日目にして、キューマ達は「ねくすとすてぇじ」を迎える。

一日目にして、キューマ、シーラビ、ミラ、クズリューはそれぞれでKやQの「げぇむ」をクリアしていた。

そして開催8日目残る「げぇむ」が一つとなる。

キューマ達四人は、「今際の国」の永住権を手にするために最後の「げぇむ」へ挑みに行く。

79c579f2-a3f5-4704-a487-1828ed6c547a (1)

今際の国のアリス第16巻 第52話:いまわのくにのこくみん 管理者の感想と考察

どのようにして現今際の国の国民が誕生した知れてよかった。

今際の国のアリス第16巻 第53話:かいさいなのかめ① あらすじとネタバレ

開催七日目。

アリスは「今際の国」へ迷い込んでからの出来事を思い返しながら、感情と気持ちの整理をしていた。

金輪際「げぇむ」には参加しない。そう決めたアリスだったが気づけばまた闇の中にいる。

0f939349-014e-406b-87a0-2e6fd5c845bd

どこまでも続くトンネルにいるアリスの前に、死んだ仲間であるチョータ、カルマ、シブキが現れアリスを励まして消えていく。

さらに、♣Kであるキューマも現れる。

「子供と大人の違いはもらう番かあげる番どちらにいるかの違いだ。」

「君は親からもらってこなかったんだ。なら自分からもらいに行き、自分からあげるしかない。」

「誰の闇にもにも必ず出口は存在するものだ。」

29015b24-5ac0-41cb-aa54-b6593617ae73

とアリスに何かを示して消えていった。

今際の国のアリス第16巻 第53話:かいさいなのかめ① 管理者の感想と考察

この回は物語は進むことなく、アリスの心情や気持ちに目を向けた話となっている。

今際の国のアリス第16巻 第54話:かいさいなのかめ② あらすじとネタバレ

開催七日目。

二機の飛行船がまた落ちた。

クイナが♠Jをマヒルが♣Qの「げぇむ」にクリアしたのだ。

残る「げぇむ」は♠Kと♦Qの二つのみとなった。

ニラギは教会にいた。

そこで口にショットガンを加え血まみれになっている男からショットガンを奪い、聖書を読んでいた。

するとニラギは誰かに声をかけられる。

なんとショットガンで自殺しようとしていた男が生きていたのだ。

男はニラギにキリストの話をした。最後に男はニラギに自分を殺してくれ。散々血にまみれた手なのだろう。その銃で私を楽にしてくれ、と頼んだ。

しかしニラギはそれを断った。

ニラギは最後まで嫌われ抜いて胸張って地獄に堕ちてやると捨てゼリフを吐き教会を後にした。

d22c95aa-680d-4d90-97dd-0a47a17d6460

アリスはウサギが心配するからと帰路の途中、チシヤと再会した。

アリスと会話しているチシヤが狙撃された。

fb89fe4c-9499-4c50-80a4-2360a456d76e

ニラギがさっきの銃でチシヤを狙撃したのだった。

ニラギは因縁のある三人がそろったんだ、「げぇむ」でも始めよう。と提案した

「えきしびじょんげぇむ:ばとるろいやる」が開始される。

今際の国のアリス第16巻 第54話:かいさいなのかめ② 管理者の感想と考察

ニラギはヒール役の鑑のような存在だと思う。ニラギの決意もかっこいい。

引用画像

今際の国のアリス:52話28p、第53話18/35p、第54話17/25:小学館

今際の国のアリス16巻特別編6のあらすじ・ネタバレ公開感想、考察あり
今際の国のアリスってどんな漫画なの? 今際の国のアリスとは週刊少年サンデーで連載されていた漫画で、作者は麻生羽呂さんです。 今回は今際の国のアリス16巻を前半・後半にわけてあらすじとネタバレについて書いていきます!! 以下ネタ...

今際の国のアリス16巻を今すぐ読めます!

スクリーンショット 2016-03-09 1.10.53

今際の国のアリス 16 少年サンデーコミックス / 麻生羽呂 【コミック】
価格:463円(税込、送料別)