カラダ探し(漫画)3巻後半のあらすじやネタバレ公開!感想・考察あり

カラダ探し
スポンサーリンク

a67f2d9e-bbdf-4e71-9974-b27a7018616d

「カラダ探し」っていう漫画はどんな内容なの

漫画「カラダ探し」とは原作:ウェルザード、漫画:村瀬克俊による作品で少年ジャンプ+で連載されている作品です。

ジャンルはサバイバルホラー。

「私のカラダを探して」と頼まれた者は夜の学校で散りばめられている8つの体のパーツを探しださなければならない。

しかし単に夜の学校で体を探すのではなく、「赤い人」と呼ばれる者から逃れながら探さなくてはならない。

しかもカラダ探しはすべての体のパーツを見つけ終わるまで終わらない。

カラダ探しのルールと「赤い人」について

1.「赤い人」は放課後の校舎に現れる

2.「赤い人」はひとりになった生徒の前に現れる

3.「赤い人」を見た者は、校門を出るまで決して振り返ってはならない

4.振り返った者は、カラダを8つに分けられ、校舎に隠される

5.「赤い人」に殺された生徒は、翌日、皆の前に現れて、「カラダを探して」と言う

6.「カラダ探し」を拒否することはできない

7.「カラダ探し」の最中にも「赤い人」は現れる

8.「カラダ探し」はカラダを見つけるまで行われる

9.「カラダ探し」では死んでも死ねない

●今回は3巻の後半についてのあらすじ、ネタバレについて書いていきます。

以下ネタバレあり

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十三話:六日目③ あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

明日香、留美子、理恵の3人は玄関が開くとすぐに、生産棟3階の音楽室でカラダの捜索を始めた。

捜索していると、明人が生産棟3階に現れたという最初の放送がなった。

明日香が廊下の音を聞き赤い人が来ないかを確認している間に理恵と留美子が音楽室の中を捜索した。捜索が終了しカラダがなかったことを報告しているとき廊下の奥の方から赤い人の歌が聞こえてきた。

とっさの判断で音楽準備室に3人は隠れる。すぐに赤い人が音楽室に入ってきて、ピアノを鳴らしだした。赤い人は3人の存在に気づいておらず、しばらくすると音楽室を出ていった。

安心した3人が次の捜索場所を検討してい図書室に行こうと決めたとき、赤い人が東棟2階に現れたと放送がなった。

3人が東棟2階の廊下を通って図書室に向かう途中、翔太の悲鳴が聞こえた。声のする方に行くと赤い人にしがみつかれている翔太がいた。

翔太は赤い人に襲われそうになりながらも、左脚を見つけケースに収めようとしていた。

87e610ff-46d4-4929-bdb8-2b6b75e7395e

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十三話:六日目③ 管理者の感想と考察

男の意地をみせるために翔太が奮闘している姿かっこいい。

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十四話:六日目④ あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

翔太は自分で左脚をケースに収めることができないと悟り、3人に左脚の運搬を依頼するが、留美子は「男の意地があるなら自分で持っていけば」といい、翔太を見捨てた。

しかし明日香は翔太に駆け寄り左脚を受け取ろうとする。

その瞬間、赤い人が翔太の背中から消え、赤い人が西棟2階にあらわれたという放送がなる。

留美子が翔太に男の意地を通させるために、赤い人を自分に引き付けたのである。

翔太は左脚を持って走り出し、明日香たちは赤い人を引き付けるために翔太とは別のルートでケースのあるホールに向かう。

明日香がホールに到着すると、翔太が赤い人につかまっていた。

ba5ba0e1-9f5d-4de5-9318-a0ee0e46f257

失敗したかに見えたが、左脚はケースに収まっており、翔太は無事男の意地を通すことができた。

明日香達は赤い人に見つからないように、ホールを後にして屋上へと向かった。

一休みしていると屋上へ上がってくる足音が聞こえ、確認してみると健司がいた。

何か様子がおかしく観察してみると、赤い人の歌を歌っていた。

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十四話:六日目④ 管理者の感想と考察

今夜のカラダ探しで高広は赤い人に襲われていない。健司が何かをしたのだろうか。

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十五話:六日目⑤~七日目① あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

健司は赤い人の歌を歌いながら、屋上の柵へと向かいそのまま屋上から飛び降りた。

明日香は確認するために柵へ寄りかかると柵が外れそのまま一階まで落ちてしまった。

昨日のカラダ探しの翔太の活躍があったおかげで、留美子と翔太の確執もなくなりみんながまとまり始めた。

健司を除く5人は明日香がカラダ探しについてまとめたノートをもとに八代先生に何を聞くか検討した。

八代先生に健司の身に起こっていることについて聞くが、先生は何も知らないという。

5人がさらに問い詰めると、先生は静かに「君たちには教えよう…僕の知っていることの全てを」と語りだした。

dc2b296b-200f-4127-a45a-67cb54c57886

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十五話:六日目⑤~七日目① 管理者の感想と考察

カラダ探しについて詳しい八代先生でもしらない事態が健司の身に起こっている。

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十六話:七日目② あらすじとネタバレ

※ネタバレ注意

八代先生が指定した時間まで5人は今日のカラダ探しでどこを捜索するかについての作戦会議をした。

明日香と高広、翔太、理恵、留美子の2グループに分かれ捜索することになった。

時間となり八代先生のもとへ向かう。八代先生は自分の家に来てくれと5人に言い、車で向かった。

5人は八代先生の家で赤い人についての情報がいたるとことに貼られている異様な部屋に通された。

0488c34d-518c-4d87-804c-412214e4203d

小野山美子には美紀という双子の姉がおり、美子が事件にあってから数日後に下原因不明の病でなくなっていること、事件当日服のことで美子と喧嘩していたことなどが分かった。

その部屋には先生が描いた赤い人の絵など、赤い人に関するものがたくさんあった。

明日香が歌について話し、赤い人が歌っている歌を口ずさむと先生が描いた赤い人の絵が変化し笑顔となった。

e36ba3ab-f55b-47f5-898f-af66e878f762

カラダ探し(漫画)第三巻 第二十六話:七日目② 管理者の感想と考察

とうとう八代先生の秘密に迫ろうとしている。今後の展開が気になる。

引用画像

漫画カラダ探し:第二十三話18/19p、第二十四話8p、第二十五話19p、第二十六話10/18p:集英社コミックス

カラダ探し3巻を今すぐ読めます!

スクリーンショット 2016-03-09 1.10.53